☆2024年中学受験しないかもしれない親子の積み上げ記録☆

2024年中学受験しないかもしれない息子の勉強を記録します。☆MISTYのシンママ生活☆別館。

日能研初日レポ②~娘、号泣

こんばんは、MISTYです。

この2月から日能研に通い始めた小3息子。いきなり私をふりきって教室に入ってしまい、迷子になったかと勘違いするというバタバタぶりです。

misty-edu.hateblo.jp

学校→学童→帰宅→塾→帰宅

塾のある日は、いつもなら18時までいる学童を早めに切り上げていったん家に戻り、軽食をとってから出発します。学校→学童→帰宅→塾→帰宅という、けっこうあわただしい動線。卒所するまではこのスタイルかな。もしくは、学童はお休みするかもしれません。

初日、塾に(一応)送り届けてからまた自宅に戻り、在宅勤務を続けていると…
18時半頃、小1娘が号泣しながら帰ってきました。そう、今日はいつもなら一緒に帰るはずのお兄ちゃんが先に塾に行ってしまったので、娘が初めてひとりで帰宅したのです。
近所のお友だちがたまたまみんな早帰りだったらしく、いつもと違う2、3年生の子たちと一緒に帰ってきたみたいなのですが、悲しくなって号泣しちゃったとか。
私もタイミング悪く18時過ぎまで会議だったので、お迎えにも行けず。。うう、かわいそうなことしたな。。

娘のケアができなかったことに反省

息子の塾の準備ばかりに気を取られ、正直娘のことまで気が回らなかったです…反省。
もともとHSPっぽい娘、いつもと違うことをすると疲れやすい傾向にあるので、よりしっかりしたケアが必要だったのに。

お兄ちゃんがいなくて悲しかった、一人で帰るのが怖かったとしゃくりあげる娘をなだめ、「そうだ、にいにがいない間にプリン食べちゃおっか」とスイーツでご機嫌をとろうとすると…

にいにがお勉強してるのに、ママとわたしだけ食べるなんてよくないよ」とピシャリ。
本当はお腹が空いてるはずなのに、塾が終わるまで待つといいます。なんという兄妹愛!

お迎えで、感動の再会

塾が19時半に終わるというので、それに合わせて娘とゆっくりお散歩しながら向かいました。他のクラスの子たちが続々と出てくるなか、10分以上過ぎてゆっくり出てきた息子。「あ!にいにだ!!」とすぐに見つけて駆け寄る娘。感動の再会です。

息子は出かける前は「迎えに来ないでよ」とブツブツ言っていましたが、いざ妹が駆け寄ってくると嬉しそうな顔。
帰りは3人で家までお散歩する道すがら、授業がいかに楽しかったかをずーーーーっとしゃべり倒す息子。不完全変態の虫の覚え方の語呂合わせを教えてもらったようです。懐かしい。
初日は理科と国語1コマずつでしたが、楽しく学べたようでほっと一安心。

食費が増えそうです

帰り道、お腹が空いた二人は家まで我慢できず、コンビニの肉まんを食べたがり、ついつい与えてしまいました。
塾に行く前のパンやおにぎり、ちょっとしたお菓子などのストックが増えて、なんだかんだ食費が増えそうです。。塾代も高いし、頑張って働こう。。。